5/3 妙義神社・貫前神社・富岡製糸場

前泊してないと行かなさそうなところということで、妙義山近辺の神社に行くことにしました。最初の目的地妙義神社へのアクセスは、富岡からの乗り合いタクシーしかないのですが、これだと現地で3時間過ごす必要があります。さすがにそれは無理だろうということで、最寄駅の松井田からタクシーで向かうことにしました。

  • JR高崎行:前橋8:06→高崎8:21
  • JR横川行:高崎8:42→松井田9:05

高崎で20分の乗り換え時間を挟んで、駅弁で横川名物峠の釜飯を買いました。松井田駅にはタクシーが待機していないので、電話をかけてきてもらいます。妙義神社までは10分ほどで料金は1400円くらい。

妙義神社

創建は約1500年前と古いのですが、特に江戸時代に将軍家を始め多くの大名の崇敬を集め、建築された本社・山門とも壮麗で「上州の東照宮」と呼ばれているそうです。じゃらんの口コミでは、雰囲気も建物もすばらしいけど石段が急で大変という声が多く、前日は夜から雨で当日なんとか雨も止んだところで、本当に大丈夫なのかとおっかなびっくりで訪れたのでした。

江戸時代作とは思えない鮮やかな朱塗りの総門を抜けると、石段に石段が連なる中々の威圧感。特に最後の石段は歪んで撚れていて超びびったのですが、ゆっくり登れば案外なんとかなります。これなら、祐徳稲荷の奥の院の方がずっとやばい。

階段を登りきったところにある唐門は、扉の鳳凰の彫刻が気合入りまくっています。そしてその中にある本社は、確かに東照宮を思わせる派手さ。黒塗りの神社なんて初めて見たわ。加えてそこかしこの金ぴかに多色に塗られた彫刻と、どうしてこうなったと言わずはおれない。

しばらく写真を撮ってましたが、それでも他に社屋がないのでは時間をもてあましてしまいます。横の女坂を降りていきます。こちらものどかな景色を楽しめます。帰りのバスは11時40分と時間があるので、少し歩いたところにある道の駅へ。そこにある観光案内所で、横を10分ほど登ったところにある、美術館と休憩所(妙義ふれあいプラザ)を教えてもらいました。ここは本当におすすめ。美術館から休憩所への道すがらで妙義山全体を拝むことができます。

妙義山は奇岩が多いことで知られ、日本三大奇景のひとつに数えられているそうです。妙義山を眺めながら食べる釜飯は最高でした。なお、妙義ふれあいプラザには温泉もあり、実は割りと時間をつぶせそうです。あと、妙義ふれあいプラザ自体は入館にお金がかかるのですが、外で釜飯を食べていると、釜飯買ってきた人は特別で入ってもいいよ、と職員の方に声をかけてもらいました。

一ノ宮貫前神社

妙義ふれあいプラザの前で乗り合いバスに乗り、神社裏のバス停で降ります。名前の通り、貫前神社上野国の一宮です。階段を降りて参拝する「下り宮」で有名なのですが、どういうことよ、と気になっていました。神社全体はかなりの高台にあるのですが、社殿自体が総門から降りたところにある、という構造です。神社裏からは、坂の上りながら回り込んで総門の前まで出ます。

門をくぐってすぐに左に行くと、いろんな神社の末社があります。乗り合いバス(ほとんどタクシーなのですが)の運転手に、この中に東照宮の三猿がこちらにもある、と教えてもらったのでした。日枝神社に確かに見ざる言わざる聞かざるが居ります。あと、横に生えているスダジイが数本の枝幹が縒りあう不思議な幹をしていて面白い。

改めて石段を降りていき参拝をします。こちらも特に徳川家の庇護があったということで、朱塗りの立派な社殿を見ることができます。社の裏は森になっているのですが、その中には俵藤太が植えたとされる樹齢1000年を越える杉があります。ただ、ほぼ立ち枯れしてしまっているのが悲しい。

 富岡製糸場

参拝を終えて山を下り、上信電鉄上州一ノ宮駅から上州富岡駅に向かいます。ここまできて富岡製糸場に行かなかったら二度と来ないだろうなー、と。駅から10分、建物の前には行列が出来ています。どうやら入場券を買う行列のようです。事前に買っておくのがよさげですね。しかし入場料1000円というのは高く感じてしまったのですが、入って納得せざるを得ませんでした。敷地広いし、建物多いし、これは維持大変ですね。しかも、現在は別棟も見学できるよう補修中とのことで、世界遺産に選ばれたとはいえ色々入用でしょうね。

展示としてはやはり、繰糸機ですかね。あとは、いかにも工場な製糸場と工員が暮らしていた寮などの建物とのギャップですね。

とくに繰糸機を見ていたため、1時間半ほどの滞在となりました。

帰りに、高崎で名物である登利平の鳥めしと川場の飲むヨーグルトをお土産に買いました。鳥めしは肉がやわらかくて味がしみていてさすがの美味しさでした。飲むヨーグルトも味が濃厚でよかったです。

 

 

5/2 赤城神社(大洞・三夜沢)

艦内神社を巡りたいという気持ちもあり、榛名神社と並ぶ群馬のパワースポットとして、赤城神社に行くことにしました。

赤城神社は関東とくに群馬を中心に全国に300社ほどあるのですが、その本社は山腹の三夜沢赤城神社、山頂の大洞赤城神社とされています。Wikiにもある通り、赤城神社も一枚岩ではなく、どちらが総本宮なのか訴訟にもなったようです。ただ、空母の赤城の艦内神社は三夜沢赤城神社だったそうです。ならば両方行けばいいじゃない、ということで前日に予定を組みました。

 土日であれば前橋から赤城山ビジターセンターへと直通の急行バスがあるのですが、それだと赤城山で3時間つぶさないといけなくなります。山頂ではゆるやかなハイキングコースもあるので、時間をつぶす方法がないわけでもないですが、富士見温泉乗り換えにするほうがいいと思います。路線図でもnavitimeの検索結果でも乗り換えポイントとして畜産試験場入口が出てくるのですが、こちらだとバス停の移動が面倒ですし、富士見温泉乗り換えで全然問題ありません。前橋で1時間つぶす必要がありますが、駅前のマクドナルドは席にコンセントがあり、充電にもってこいです。

 赤城山頂には大沼・小沼という2つのカルデラ湖があります。大沼の中の小島に大洞赤城神社があります。貸しボート屋などがあるあかぎ広場から歩いて10分ほどでたどり着きます。島には朱塗りの橋がかけられており、厳かさをかもしだしています。松林の中に建つ本殿、湖を取り囲むようにそびえる山々も立派なのですが、穏やかな湖が本当にいい感じです。ただ境内はシンプルに本堂と社務所があるだけなので、参拝はすぐに終わってしまいます。あとの時間は湖を眺めたり、食事処できのこ汁をいただいたりしていました。

三夜沢赤城神社は、上毛電鉄大胡駅からタクシーで15分のところにあります。こちらは山頂の方とは違って、境内が深閑とした森に包まれており、とてもいい雰囲気です。ただ、参拝できるのが拝殿しかないので、やはり30分ほどで終わってしまいます。行きかたですが、前橋にはふるさとバスという、タクシーのように呼びつける乗り合いバスがあります。ただ、駅からはとても離れているので、行きはすぐに来てくれるのですが、帰りは少し待たされることになります。行きのときに帰りも合わせて予約するのがいいかもしれません。

参拝を終えて大胡に戻ってきたのが17時前。桐生の有名なひもかわうどんの店である、ふる川へ向かいます。ひもかわうどんは、きしめんの何倍も広い麺が特徴で、特にふる川のは10センチ近くあることで有名です。開店が少し遅れていたこともあり幸いにも最初のローテで席につくことができました。カレーうどんセットを食べ、前橋で宿泊。もともと次の日に朝から赤城山に行くつもりだったけど、一日で赤城神社2社を周れるなら高崎で泊まったほうがよかったですね。

 

5/1 榛名神社ー伊香保温泉

榛名神社

榛名神社へ向かうため、一度高崎に戻ります。高崎から榛名神社までは登りとおしなのですが、割と自転車で登る人を見かけました。さすが、榛名山ヒルクライムで有名ですしね。

さて、榛名神社のバス停から坂を上り山門をくぐると、緑に囲まれた参道に出ます。川の流れを下に臨み、新緑まばゆい林を眺め、参道を登っていきます。

榛名神社は、昔から民間信仰の対象だったらじく、関東一円からお参りする人が多かったそうです。参道にはその名残がそこかしこに見られます。石段の柱に書かれている太々講の文字は、榛名神社のサイトにもある榛名講のことですね。あと、参道に順に七福神の像が建っていたり。

高い2つの岩に挟まれた石段を登ると、山門、本殿が見えてきます。これらが皆巨石に寄り添うように建てられているのだけど、岩の形がどれも不思議で、日本じゃないみたい。山門の後ろにそびえる岩は中国の山のようだし、本殿は岩に埋め込まれるように建てられているのだけど、この岩もまた不思議な形で、こけしのように途中でくびれていて、そこに幣が納められています。本当、どうしてこうなったのか。榛名さん、大丈夫ですか?

 

榛名神社を後にして、伊香保神社へ向かいます。とはいえ、昼も過ぎているのでまずは水沢うどんへ。うどん屋が並ぶ水沢うどん街は伊香保温泉からバスで5分ほどのところにあります。

晩飯は宿でお願いしていたので、昼ごはんに水沢うどんが食べたくてこのスケジュールにしたのですが、その代わり他の宿の外湯に入れませんでした。どの宿も外湯として開放しているのが、昼の時間帯のみなんですよね。

榛名湖のすぐ横に榛名富士がそびえています。~富士という山は、富士山に似ているような似ていないような、微妙なことがままありますが、榛名富士は本当に美しい台形で、湖の穏やかさと、クリアな空とで、すがすがしい景色が見られます。

水沢うどんは、まず田丸屋へ。さすが食べログ1位の店あって、待っている人で玄関がいっぱいです。店内は広く回転もいいので、思ったよりは早く食べることができましたが、それでも50分後の帰りのバスには間に合いませんでした。うどんは、ほどよい腰と喉越しで割りとおいしかったです。ただ、だしが微妙ではある。比較的評価の高いごまだしも普通かな。次のバスに時間があったので、もう一軒、隣の清水軒で。手打ちということらしいけど、こちらは麺が柔らかく喉ごしがよくてするする食べられます。ただ、うどんに、きゅうりと紅しょうがを載せるのはどうなんだろう。

水沢から伊香保温泉に戻り、宿に荷物を置いてから、近くの共同浴場である黄金の湯に行きました。伊香保温泉は2種類の湯があるそうですが、その両方に入れるようです。あと露天風呂もありますが、そちらはお湯の状態もフロアも景色も微妙かな。

その後は、巡回バスで伊香保神社まで。伊香保温泉は長い石段で有名なのですが、足で登るには結構距離があります。石段の頂上にある神社までバスで行くのが一番お手軽だと思います。伊香保神社自体は歴史があるのだけど、本殿はこじんまりとしていて敷地も狭いです。境内には句碑や石碑があるのだけど、その中に高山彦九郎が腰掛けたという石もあったり。京都人的には、寛政の三奇人と言われ三条に土下座像がある高山彦九郎はつい気になってしまうのです。石段に並ぶお店は、レトロ趣味の駄菓子屋だったり、庶民的な料理屋だったりするのだけど、いまいち統一感がなくオリジナリティも少なくて、割と微妙。個人的には、神社を降りたところにあるビアバーが、品揃えもよく内装も凝っていておすすめ。そこで呑んだAleSmithのIPAは、ぶどうのような甘さも感じる複雑な味でとても面白かったです。

 

続きを読む

4/30 草津温泉

草津温泉榛名神社に行くことにしました。前の九州のようながっつりした遠出はしない、と考えると、そろそろ温泉に行こうかなと。

草津の玄関口は長野原草津口駅で、到着した列車に合わせて3台の大型バスが待ち構えていました。後に宿の人に聞いた話だと、前日はバスが全然足りなくて、到着するのもままならない状況だったらしいです。
ともあれ、草津バスセンターから谷底のほうへ下りていくと、有名な湯畑があります。箱を並べて樋のようにして湯を流し冷ましているらしい。何本にも分けられた湯の流れがまたひとつにまとめられ、滝のように注ぎ落とされる。こんなのが街の真ん中にあるのは、なんとも派手好きなセンスですけど、江戸時代らしいとも考えてみたり。
着いたのが丁度昼時だったので、食事をしようにもどこも行列になってました。入った蕎麦屋は、つゆの器の江戸切子が涼しげで、野草の天ぷらがさくさくで、まま楽しめたかな。そういえば、蕎麦やでいつも後悔するのは、9割とか10割の蕎麦を頼んでしまうこと。どうにも味がしっくりこないことが多いんですよね。二八そば頼めばいいんですけど。

チェックインまで時間もあるので、西の河原露天風呂を目指します。歩いて10分くらいで、温泉の水がところどころに池か水溜りかわからないけど溜まっている西の河原公園に着きます。石灰岩の砂礫の白と池の水の硫黄の緑が、もう如何にも生命を感じさせない色合いで、賽の河原とはこんな感じなのだろうと思えます。その中を親子づれやカップルが散策していて、なんとも不思議な光景でした。
露天風呂は結構な広さで、みんなが入っている様はなかなかいい感じでした。しかし泉質は特に肌がぴりぴりする感じでしたね。何度か浸かるのを足だけにしたりしたのですが、チェックインした後湯あたりで1時間ほど寝入ってしまいました。
あと、夕飯を間に挟んで御座の湯、大滝の湯に入りました。御座の湯は2種類のお湯に入れるのと、2階に湯畑を見下ろせる大きな休憩室があります。大滝の湯は露天があるのと、少しずつ熱いお湯に入っていく合わせ湯があります。どちらも観光客向けで安心なのですが、後で調べると地元の方用の共同浴場があるらしく、なんか深いですねえ。
夕食は最初どんぐりに行ったのですが、夜は予約のみ、とのことで観光サイトに取り上げられている暖に行きました。代表メニューの分厚い肉の豚しょうが焼き定食は、まあ見た目通りの味ではありました。

続きを読む

九州俗物旅行2

1/4~1/8に九州に行きました。

1/4 霧島神宮と温泉 - end-of-scan

1/5 祐徳神社から嬉野温泉 - end-of-scan

1/6 佐世保市内観光 - end-of-scan

1/7 佐世保周辺観光(針尾送信所・無窮洞) - end-of-scan

福岡観光とリベンジに向けての覚書 - end-of-scan

福岡観光とリベンジに向けての覚書

福岡は、よくある観光地オススメページを見てもぴんと来るものがなく、博多には過去2度来たこともあったし、最終日で余裕もないこともあり緩めの行程だった。とはいえ、事前に準備していればもっと最適化できたのに、ということが多かったので、次のリベンジのために残しておく。

福岡の観光実績

 1/7 15:34 博多着

1/8 7:30 天神→7:54 大宰府

9:19 大宰府→10:09 箱崎宮前

10:09 箱崎宮前→10:52 天神

ラーメン食べすぎなのは我ながら如何なものかと。ちなみにそれぞれの味の個人的な印象は、

  • らーめん二男坊: マイルド、ミルクみたい、いい意味でとんこつらしくない
  • 博多だるま: ベースはしっかりしているもくどすぎない、とんこつっぽい部分がすっぱく感じる
  • 節ちゃんラーメン: パンチはないがいいバランス、旨みがしっかりとある
  • 長浜家: 薄味だけど水っぽくはない、麺の味が楽しめる。が硬めは個人的に微妙。普通か生がいいかも。 

旅行全般について 

イベントを事前に調べる

1/8朝のローカルニュースで、前日の夜大宰府「鬼すべ神事」というものが催されていたのを知った。1/7は七草粥もあるし追儺会があるかも、と思い至ってもよかった。チームラボのイベント(根に持っているらしいw)の件もあるし、大きめな都市に寄る時にはイベントがあるかを調べるといいかもしれない。今回これを書くのにちょっと調べていたら、福岡市博物館ではへしきり長谷部の展示があったそうで。知っていたら見に行ったのに。

飛行機の運行状況の確認

福岡空港ではロイアルのスイートポテトを買おうと12:30くらいに到着したのだが、そこで飛行機が40分遅れとなっていることを知った。結局1時間くらい喫茶店で時間をつぶすことになった。国際便の場合はリコンファームが必要なことがしばしばあるが(最近はないのかな)国内でも空港に向かう前に運行状況を調べるのはいいかもしれない。

福岡近辺の神社・仏閣

竈門神社:大宰府に着く直前に知ったものの、距離があって行くの大変そうなので断念しました。バス停は内山〔竈門神社前〕(⇔西鉄太宰府駅)。今調べたら30分に1本くらいありますね。

香椎神宮:最寄はJR香椎神宮駅(5分)だけど、香椎駅から香椎線に乗り換えないといけない。西鉄香椎宮前駅(12分)は貝塚線なので総体的にはこっちのが行きやすい?

水天宮:最寄はJR久留米駅(8分)。西鉄からはどう行くにしてもめんどそう。

高良大社:日鉄久留米駅から西鉄バスでいけるらしい

艦これ的な聖地

千歳慰霊碑:久留米水天宮にあるらしい。千歳の艦内神社が水天宮だから。

軍艦防波堤:渚屋blogさんのページを見るととても行くのは大変そうだが、チャレンジしてみたい。

交通・移動について

天神近辺の移動:天神と天神南の間の距離は意味がわからない。人によって430メートルから600メートルとまちまちなのもなんかそれを象徴しているような。乗換用改札があるってことは、あの距離、地元民はみんな歩いているの? それに限らず天神は街が広くて移動の仕方がわからないので、次までには調べておく。京都だとバスについての情報はあちこちで見るけど、天神についてはそこまで親切ではないと感じます。あと、土地勘のない関西人が知ったこと。

荷物チェック

タブレット
タブレット
ルータ
携帯
カメラ

たこ足
充電線 USB新
充電線 USB古い
充電線 カメラ

パンツ
くつした
かさ
ノート&ペン
 宿情報を映しておく
ipod

1/7 佐世保周辺観光(針尾送信所・無窮洞)

 前日、海軍墓地にて「海軍さんの港まちスタンプラリー」というものがあることを知った。佐世保で残っているのは次の2つである。

  • 針尾送信所
  • 無窮洞

記念品がとても欲しいわけではないけど、折角なのでチャレンジしてみた。

針尾送信所

 公共機関での針尾送信所のアクセス情報はネットにほとんどなく、当日ぎりぎりまで行程を調べていた。おかげで佐世保の朝市にも行けずじまいでした。当日のルートは以下の通り。

08:00発 佐世保駅前 3番乗り場
 西肥バス 国際大学経由ハウステンボス西門行
08:23着
08:33発 早岐田子の浦 
 西肥バス 西海橋コラソンホテル行
08:52着 高畑(長崎県

佐世保駅前のバス停は、西肥バスセンターの中ではなく、その前の道路沿い。なお、この1本後だと西海橋コラソンホテルへの直通があるので、乗り換えなしに高畑まで行けます。

さて、7:58ごろにハウステンボス行きのバスが来たので乗り込んだが、国際大学経由のバスでないことに気づき、急いで降りることに。まぎらわしいよ。早岐田子の浦は待合所があり、いくつかの路線のハブになっている。ただ、周りには何もない。

高畑から針尾送信所までは、徒歩で20分強。デイリーポータルZの記事に何度も道に迷ったとあったのでとても不安だったが、今は道中に立て看板もあり、大きな高低もないので、意外になんとかなります。

結構遠くからもそそりたつのが見える3本の塔が、近づくにつれ迫ってくる様は圧巻。9:00-17:00の公開時間は1本の中に入れます。吹き抜けの中央に立つ細い鉄柱と壁に沿うタラップが上まで伸びていてかっこいい。また3つの塔の中央には、壁中がツタで埋もれた電信室があります。

あとで知ったのだけど、ブレイブウィッチーズで出てきたのは第1話なのね。てっきり、菅野とヒカリが競争で登ったあの塔だと思っていたわ。

無窮洞

 ざっと見終わると、次はやはり早岐近辺にある無窮洞に向かいます。

10:28発 高畑(長崎県
  西肥バス 佐世保市総合医療センター入口行
10:47着
11:31発 早岐田子の浦
  西肥バス 小森橋経由宮津町行
11:49着 長畑町

ネットで最寄のバス停は宮支所入口と出るが、長畑町からも十分近いのとすぐ近くにコンビニもあるので便利。

ただ、想像していた通り、ふつうに横穴なんですよね。勿論、当時の国民学校の子供たちが防空壕として2年かけて手作業で掘り進んだ(しかも未完成のまま停止)、という経緯には苦労をしのばずにいられないですが、観光としてはすぐに終わります。余裕があるなら、梅ヶ枝酒造とあわせて行くのがいいのではないですかね。

後の時間はなるべく博多で費やしたかったので退散。

 12:48発 長畑町
 西肥バス 佐世保市総合医療センター入口行
13:30着 佐世保駅
13:42発 佐世保
 JR みどり18号
15:34着 博多

一昨日に続き、新幹線への乗り換えが10分そこそこしかない。もうちょっと時間があればLOG-KITで佐世保バーガー食べれたのに。なにこの西村京太郎サスペンス。ただ、この経路ならJRへの乗り換えは佐世保ではなく早岐がよかった、と後で思いました。博多・天神での顛末は次のページに。