読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝霧の巫女6

書店に並んでいてびっくり。ウガワさんよくやったよ。ちゃんとゴールしてほしいなあ。作者スレによると、来月のOURSでは読みきり短編が入るとか。
展開は、持ち上げて落として持ち上げてと大変。規定路線ながら目玉おやじへの奉納は燃える。それにしてもこまさん幸薄すぎる。忠尋関係でもそうなんだけど、ストーリーに関しても役立たなさすぎる。まあ忠寿のときといい、役立たないキャラというポジションで決定事項なのだろうけど。あと柚子がなあ。彼女も通過儀礼をせなあかんということなんだろうけど。ここ数巻はずっとダメすぎる。朝霧の巫女は、審神者を現世につなぎとめておく舫であればいいから、弱キャラでいいんだろうけどさ。主上−山の民と陛下−六波羅という大きな勢力に対して忠尋と柚子のどちらも軽やかさが足りない。巫女委員会がてこ入れ部隊なのだけどやはり弱い。そろそろ柚子の覚醒にきぼんです。