読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TAP

どーもイーガンは苦手。研究者の技術に関する会話とか疑問が頭悪そうなんだよな。当たり前のことばかり書いている。なので表題作は読めなかった。しかし、他の作品はイーガンらしくなくて面白かった。「銀炎」の現実とフィクションの境界があいまいになっていく感じ、謎が後ろにいくほど凝縮されていく感じは、小説でしか味わえない。「要塞」のアクロバティックさも、最近こういうの読めないから新鮮に感じた。イーガンらしい「TAP」よりも「新・口笛テスト」ぐらいのディテールのバランスの方が好き。