読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「『スカイ・クロラ』とI.G&押井アニメの作画を語る」

イベント

いやもう、黄瀬さんがはっちゃけ過ぎで。以下ログです。
以下のメモは私が見聞きしたものを書き下ろしたもので、参加者の意図を正確に反映していないおそれがあります。また誰が発言したかも正確でないおそれがあります。


前にコミケ当日にイベントやったとき
りんたろう監督のとき30人しかいなかった

第1部:スカイクロラを中心に押井作品の作画について
小黒さん、西尾さん、黄瀬さん、本田さん、石井さん


西尾:
ロフトによくお呼びがかかったけど4−5年ぶり
その間アニメスタイルさんにお呼びがかかるような作品を
作ってこなかったってことかw

黄瀬:
お酒が入ったらなにしゃべるかわからないけど

本田
今回は最後のほうまでやってた
ロフトは千年女優いらい

石井
押井さんは、いま熱海でドラクエやってる
代わりに来た
動員、先週よりも今週が50%ふえた
口コミでひろまってきているみたい

小黒
どう制作が進んだのか教えて

石井:
最初、押井さんに作品が持ちこまれたとき断った
イノセンスが終わって疲れきっていた。
もう作るのは終わりだろうと
その後、空手を始めて体重も落ちた
また、愛犬が亡くなった
人生をリセットしたいと思っていたのかもしれない
そのときに持ち込まれた
若い人向けにもう作れないと思っていたけど
空手もやって若返ったし。

2005年6月から準備を始めた
その頃はまだジブリにいた
最初、出向扱いだった

石川社長から電話で聞いたのは、
ゲド戦記を西尾さんがジブリに出向して手伝うから、
という交換条件で石井さんがいくことに
さらに黄瀬をやるからと
いつの間にか、何故かジブリを辞めて、IGに入社していた
ゲド戦記をやりつつ、スカイクロラ

ここで乾杯の音頭

小黒:
西尾さん的にはどうスタートしたの?

西尾
石井さんがプッシュしていて
作画的なアニメを作るぞと。
さらに、押井さんが決意したので。
作画よりというのは最初にあった

押井さんは最初から作画で情緒を表現したいと
CGを使っているけど雲を境にしてそれより下はじっくりと作画を動かして表現したい

で、押井さんが、テツ(西尾さん)が今ピークだと。
この気をのがしたらできない、テツをとりたいと
あの手この手でアプローチがあって

じゃせっかくだからと、キャラクターデザインも含めてやらせてもらうことになった
イノセンスの他の作監チームはやる気がなくて
他にいないのか、と1回ぐらいは押井さんのために働くかと

小黒
それってツンデレ?w

西尾
たっぷり動かすと言っていたが、
想像とは若干違っていた
止めなくていいという押井さんの大方針があった

もっとアクションシーンが豊富にあるとか、走り回るとか、を想像していたけど
しかしそんなのは全くなくて。
非常に繊細さを要求される作画
作画でフラストレーションを晴らすような作品ではなかった

小黒:
キャラデザをしたのは?

西尾:
イノセンスでは、版権ものとして
沖浦さんや黄瀬さんは何か外で書いたりしたけど
自分は何も描かせてもらわなかった

本田?:
でも、ブルーレイでいろいろ描いたでしょ?w

西尾:
押井さんが采配したことではないけど
でも作監の一人なのに、と思いつつ
ローソン限定前売り特典のイノセンストランプの裏の柄は
ぜひやりたいと言ったら没になった

石井:
それは鈴木俊夫のせいw

西尾:
DVDでも描かせてもらえなくて、てっぺんとらないとだめだな、と。
今回は心行くまで版権かいた。
もううんざりするほどw

小黒:
原画は?

西尾:
半分顔見知り
半分は押井作品すら初めてというような人
出向でGONZOからきた内藤さんが原画を集めてくれたけど
GONZOつながりの人は知らなかったので新鮮だった
でも、全体を俯瞰して重要なところはいつものメンバーで固めて
師匠と黄瀬さんとダブル井上さんと新井さん、など
あれ?wという人は中にはいたけど
完成してしまえばいい思い出w
井上さんは大きかった

小黒:
本田さんは?

西尾:
ボウリング場入る前草薙がやってきて、入って終わりまで
あと、クライマックスの三ツ矢が拳銃かまえて、抱き合って、という
モノトーンのところ

本田:
ボウリング場、2回ロケハンに行った
ボウリング場はよく言われるけど資料があった分だけ
ただ、突き詰め方が足りなかったなーと

全員:
えーw

本田:
ピンが跳ねながら倒れるところ、撮影したビデオを1秒30コマを
1コマずつ見ながら描いていた
1秒24枚だから、補正するのがつらかった

小黒(?):
ボウリングのピンは手書き。車も手書き
飛行機はCGなのにw

石井:
スカイウォーカーフィルムの人が
CGすごかった、とくにボウリングのピンがと言っていたw

本田:
クライマックスは一人で会社でもくもくとやってた
カラーズの忘年会にもいけなくて。

西尾:
全体を眺めて、最初に本田さんのシーンを決めた

上から西尾さんが本田さんの原画をなぞっていたらわからなかった(?)
アニメーター変わったというのがわかる

本田
レイアウトでもっと白いれていたらよかったのに

西尾
あと、オッケーが出ていて、監督もオッケー出したカットを
描き直したり
優一の歩きが気に入らない。速い。と

本田:
1,2枚だけだし

西尾
でもそれを動画で割って塗らなきゃいけないのだから

小黒:
西尾さんからすると本田さんは?

西尾:
万能。
エフェクトもかけるし、
メカもかけるし、エヴァもかけるし、
イノセンスではやくざのシーンをやった
あと警備員がいっぱいくるところ。
もとは沖浦さんパートなんだけど、
もともと千年女優を手伝った代わりって自分が本田さんをつれてきたのに
沖浦さんのパートばかり

小黒:
黄瀬さんは?

西尾(?):
押井さんみずから、黄瀬さんはエロいからと
娼館でのフーコのところ、コーヒーいれたり
酔っ払った水素とのラブシーン、服脱ぐところはレイアウトまでは黄瀬さん
しかし時間がないということで、鋭、俊之コンビで

小黒:
どうでした?

黄瀬:
20年ぐらい押井さんとつきあっていて
いつもしんどいだけ。変わっていない

?:
黄瀬さんは押井さんだけだったらスカイはやらなかった
西尾さんがいたからやったと。
50カット振ろうとした押井さんもどうかと
エヴァもやってたし

小黒:
押井さんのはつらい?

黄瀬:
いや、しんどい
何も発散できない
求めているものをやろうとすると自分をおさえないと
イノセンスも楽しかったのは犬。耳のばしたりとか
でも、それも引き上げられたw
長年おつきあいしているけど
でももういい。

西尾:
最初から言ってた。エロいシーンは黄瀬さんで。

黄瀬:
作品みてないw
もともと自分の手がけた作品は見ない
イノセンスも初号のときは見てない
ヴァンヘルシングを韓国でこつこつやってた

西尾:
丁度、攻殻SACのオープニングを
レイアウトラフまでやってタイムリミットだと行ってしまった

黄瀬:
パト1、パト2も見てない。
初号は見ている

ホリックは?
みてない
他のアニメは見る?
今はみない

小黒:
西尾さんは?

西尾:
見る
テレビはあまりみないけど
RDの松本さんが原画したところは見たり
井上さんはよく見ている
どこからか情報を得てきて

黄瀬:
ウルトラバイオレットは録画したけど
エヴァも見ていない

小黒:
本田さんは?

本田
最近は自分のやったのしか。
シリーズはもう見ない
見たいものがない
カートゥーンでやっているバカボンとかは見るけど
こういうのやりたいよねーでも出来ないよねと思いながら

西尾
シリーズ通してみたのはコイルぐらい
あと精霊の守り人

黄瀬:
Majorはみた
純粋に話が面白くて
コイルなんて全然みていないw

西尾:
この前、御先祖様見た
5話、橋本こういちさんの回

小黒
その前から師匠と呼ばれていた?

西尾
ガイナでナディアやっているとき、師匠がいたけどその頃はまだ
パト1の後ぐらいで
IGに間借りして岸田さんがやっていて、その頃から

今は押井さんまで師匠と呼んでいる
「師匠って本名なんだっけ」とw

あとは、大友さんと宮崎さんだね。
宮崎さんまで師匠と呼ばせたら。

本田(?):
宮崎さんはさすがに本田さんと呼んでいた

小黒:
押井さんの絵コンテから画面とか芝居に変換するの?

西尾:
変換はしていない
求めるものがこういうものだろうなと
パトレイバーのテレビシリーズで6本ほど押井さんが監督をやって
そのうち3本やって、方向性は見えていたから
そのままやりたいようにやれといわれた
やったら怒られた
野明だけはかわいく書けといったじゃないかと

御先祖様で押井さんがいっぱいだったので

押井さん自体パトレイバーに思い入れがなかった
どうせ売れないだろうと
御先祖の方が思いいれがあるだろう
アクションも、どうしてこんなアクションやらなきゃいけないんだとボヤいていた
やるのはおれなんだけど

石川さんはパトレイバーを見て、これは映画になると思った、と言っていたけど
あれでなんでw

レイバーも原画ががに股だった
レイバーをがに股にしなくていいのに、と押井さんが言っていたが、
絵コンテでそうなっていたから
うる星であたるががに股なのも、絵コンテでそうなっていたからじゃないか
がに股でしか走るシーンを描けないんじゃないかな

パト2の方がやりたいことをやれたのだろう。

黄瀬
でも、5,6話の焼き直しなんでつまらなかったけどw

小黒:
押井作品で、一番面白かったのは?

黄瀬:
パト1
一番刺激があった
大阪から東京でてきた初めての仕事
作品でも、一番パト1が好き

小黒:
押井さんの作る作品にシンパシーは感じる?

黄瀬:
全然っ感じない

小黒:
イノセンスで、子供を育てるのも人形を愛でるのも同じという話があったけど
あれはどう?

黄瀬:
そんなのありましたっけw
イノセンスも、バトーが素子とやりたいってだけの話なのに
いろいろ衒学的なことをやっているからつまらなくなっただけで

小黒:
黄瀬さんは押井さんの作品のしんぱだと思っていたけど

黄瀬:
違いますよ
基本的にビューティフルドリーマーから変わっていない
何も感じない
もう無理
20年やったらあきますよ

西尾:
黄瀬さんはオフィシャルな場所ではちゃんと話すと思っていたけど
こんなにぶっちゃけるとは思わなかった

小黒:
ホリックは楽しい?

黄瀬:
原画が楽しんでいるので楽
僕は本当言うと(検閲削除)がそんな好きではないのでww
ホリックは(検閲削除)ので、だったらやります、と
あれが(検閲削除)していたらやらなかった
#(検閲削除)の部分は本当やばい。
あとお話が好きなので

小黒:
一番好きなのは?

黄瀬:
タツノコでやってた、昭和アホ草紙あかぬけ一番
あれが一番楽しかった。ノリで。アニメータとして

小黒:
エヴァは?

黄瀬:
好き
どこに向かうかわからないところが好き
あと貞本さんの絵が好き

黄瀬:
出崎、杉野さんとは?

黄瀬:
ブラックジャックでやった
やっぱ違うんだ、方向性は、と思った

ゲドがけっこう好き
結構毒がある
(見たの?と聞かれて)
初号で見た
(寝てたじゃないですかw と突っ込まれてた)

石井:
スカイクロラで、水素が銃をおしつけ殺してくれと頼むシーンで、
押井さんはだいたい寝てるのだけど、そのシーンになって起きて
もう1回戻して、と言った
それで戻して見て、一言、「これは黄瀬の罠だ」と。
水素の持っている銃が撃鉄を起こすのをフレームの外でやっている
わざと画面にはずしてそこで音をならしている。

小黒:
でもそこで、黄瀬の罠、というのは。どんな人間関係?

黄瀬:
仲はよくない。
会ってもあまり話しないし。

西尾(?):
熱でねこんだ黄瀬さんの頭の上にタオルを置いたりしてあげたという
話を聞いたけど

黄瀬:
してない。たばこ吸ってた
パト1のときの話

本田:
その話聞いていつも思うのだけど、ドアに鍵かけないの?

黄瀬:
制作とか来るから閉めない。
会社で借りていたし


押井さんの頭の中では買い物買って、頭にタオル置いてあげたことに
なってる。
それで、自分は尽くしたのに結局みんな逃げていくんだ、と

黄瀬:
尽くしてないって

?:
千と千尋で試写見たあとで
外で二人でタバコを吸いながら、あんたには作れませんね、と黄瀬さんが言った
押井さんはショックだったらしい

アニメータの名前を押井さんは覚えない
御先祖ぐらいまで?
宇都宮さんは覚えているでしょ

うる星だと森山さんとか西島さん(?)とか
天使のたまごぐらい?

師匠もイノセンスですごい活躍してたのに
作打ちではハジメマシテとw

師匠、おぐらのぶとしさん
しみずさん、ぐらいかな。まつださんは覚えていないかな

西尾(?):
でも黄瀬さん、ホリックやっているとき、監督の水島さんの顔覚えていなかったよねw
水島さんけっこうショックうけてたよ

黄瀬:
西島さん、意外と個性がないしw
腰が低い監督ってそういないから、どこの制作が、と思った

小黒:
本田さんはスカイみた?

本田:
見た。
すごくよくできていた

小黒:
西尾さんの仕事としては?

本田:
いやいやよくやってますよw
IGで劇場っていうのは自分のなかで敷居がたかい

黄瀬:
大丈夫俺ができるんだから

本田:
作監やると誰のフォローもなしでやらないといけないとなると考えてしまう
千年は面子もよかったからやりやすかった
今さんの作品は面子いいよね
今さん自身がコントロールできないから、というのもある
漫画家だったらありえないぐらい締め切り守らない
ということを今さんがよく言っている

西尾:
本田さんの担当したシーンは、途中こぼしていても
トータルとして見ると本田さんのシーンになっている
師匠がこぼした部分を俺が埋めていても結局そうなっているのが
ちょっとくやしい。

本田:
(ボウリングのシーンを見ると、もっと見たいと思った、と言われて)
やりますよ
原画が一番書いてて楽しい

小黒:
ポニョは?

本田:
ほんと手伝いだった

西尾?
宮崎さん絶賛だった
コナンの頃を思い出した、まだこんな人いたんだ、とと言っていた。

?:
じゃ、次作監だw

本田
基本的にあそこは全部直さないとといけない
今回担当したのは、いつも宮崎アニメでよくあるシーン。
わーいばんざーい、とやっているシーン、あと、ばあちゃんと妹たち

この夏休み映画では、スカイクロラの他、NARUTOとポニョで2本やっていることに

橋本敬史さんは、3本やっているよね

小黒(?):
NARUTO7万枚
スカイ6万枚ぐらい

西尾:
1/4はフルCG
残り400カットで6万枚ってすごいと思う

本田:
エヴァは3万枚
ダミーの動画も入れて。
エヴァ動くのはポイントだけだもん
そんなに動いてない

西尾?
NARUTOは爆発したり崩壊がおおい
ラスボスがまた、止まっているだけでも6枚セルが必要
2ヶ月で7万枚、ラスト1ヶ月で2万枚。
さすがぴえろ

作監向こうは8人、うちエフェクトが2人
スカイは1人
毎年ナルトはそう

次からぴえろ内での制作班が変わるので
あそこみたいにはしないようにしようと言っている
連載10周年なのでちょっと変わったことしようという話はでている

NARUTOの岸本さんも試写で見て絶賛していた
でも一つ不満がある、と。最後のスタッフロールが速すぎて読めないw

黄瀬さんあまり出ないですよね
IGの10-15周年イベントで
あとはBLOODのときぐらい
スカイではいろいろでたのに。

西尾:
来週の水曜日に池袋のサンシャインでまたトークイベント。行定さんと
木曜には押井さんもでる

大阪、名古屋でトークイベントをやってきたのだけど
押井さん、菊池さん、加瀬さんが来たとなると、イベントのスタッフの人もわかる
作画監督がきたときてもぴんときていないみたい。
ずっと西尾監督と呼ばれていた。
最初は修正していたのだけど、そのうちもう修正しなくなった
で、質問されるのが、空戦シーンがすばらしいですね、とw

小黒:
アニメータから見て3Gは?

西尾
ここまでやれるんだと思った
水、煙は、セルより高度になっている
そこはたいしたことない、とCG担当した林さんは言っていた

小黒:
飛行機は?

本田
あれはCGでいいんじゃない?
あれだけ破綻なくメカをうごかすとなるとCGの方がいい

小黒:
(会場の)みんな、そこは、えー、というところだよw

黄瀬:
見た人で、もうちょっと敵味方がわかりやすいとよかった、という声があった
カラーリングで違うものにするとか。
西尾さんはヘルメットを違う色にする、というのは言っていた。



第2部: スカイクロラそのものについて
小黒さん、西尾さん、石井さん、川口さん

小黒:
どういう作品だった?

川口
押井作品はイノセンスがはじめて
イノセンスに比べて脚本が別の人で、
脚本読んだ時点で面白いとw
イノセンスのときは、
コンテは面白かった。けど中身は面白くなかった
俺だけやなかった
だからクオリティに命を懸けようと

小黒(?):
イノセンスは、変な映画です
人間と人形同じジャン、と言われてそうだといえる人がどれだけいるか
それをローソンを引き込んでやった
IGの人は思いいれがあってやってるのかと思ったけどそうじゃないらしい

川口
宮崎さんの方がすき
でもポニョは……、もののけからはちょっと

小黒:
作画のコンセプトは?

川口(?)
イノセンスとは違いシンプルに動かす。それが大前提。
キャラを変えたかった。押井さんこういうのだよね、という固定観念を変えたかった。
ハードリアルなのはちょっとあきた、と
描くハードルが高くなるかもと思った
人狼もあったけど、ちょっと違うハードルの高さがあった
あれは沖浦さんの作品だった

小黒
スカイが目指したのは?
シンプルで、カメラが動く?

西尾(?)
ちょっと作品がそれは求めてなかった
でも、9割は最初の思いが達成できた
今までの作風と、ハードな絵柄が好きだった人にとっては、違うと思うかもしれない
でも、1回こういうのをやらないと先に進めない
わがままに1回こういうのをやらしてくれ、というスタンスではあった。

小黒:
押井さんがダメだししたのは?

西尾
だいぶ
水素のヘアスタイルはおかっぱがいい、とか

小黒:
近年のリアル系指向は意識していた?

西尾:
シンプルで無駄がなくて端正なのを目指していた
うつのみやさんの線上にあるとは思う
松本憲生以降の。
ただ、そういうのを100%実現するには、コンテのカラーが違った
止まっているように動かすってどういうことよと。
原画はちょっと動かしていればいい
でも動画の人が悲鳴をあげていた
ゆっくりとした動きが中心だった
シンプルなキャラにした以上、アクションをやりたかったのだけど

小黒:
やりがいがあったのは?

西尾:
うーん、なかったかもw
作監一人だったり
うまい原画マンがこぼれたのを拾う方にまわったし
大体劇場版といえば、総作監がいて、その下に作監複数いたり、
メカ作監とかエフェクトとかスペシャリストがいて、となるもの。
今回は戦闘機がCGだったからできた。

ここで、スペシャルDVDの紹介
作品紹介のために、レイアウトやコンテやCGのラフなど既にある
素材を組み合わせて完成品と同じタイムラインで作品を見せる動画

石井
ジブリ千と千尋ではつくっていた
CGは、エフェクトがかかっていないけどほとんど劇場と同じ
できあがりつつある映像をできあがった順から差し替える
原画撮影うぃて

制作委員会や宣伝担当の人は、絵コンテから作品の流れを理解するのが
大変なので作っている
これを見せて、作品の方向性を理解してもらう

小黒
(映像を見ながら)
飛行機の降り方に演技指導はあった?

西尾
コンテにあったまんま

小黒:
飛んでいる飛行機の中のキャラは?

石井
この上に西尾さんがみんな描いていった
回転する飛行機の中の搭乗者にキャノピーの影が映る、というのが
押井さんのやりたかったことの一つにあった
鉄骨の間から差し込む光とかもみんな押井さんがこだわっていたので
みんな計算して

西尾:
音声はすべて石井さんの一人アフレコ

石井
千と千尋のときもひとりでゆばんばをやったり

この映像はあと音響に役立つ

小黒
川口さんは現場まわりを

川口
2005年ぐらいからアニメータに声をかけたりしていた
順番待ちで、井上さんもぎりぎりで
1年以上ねばって
そのわりにあがっていたのが早い早い
もうちょっと早くやってくれればいいのに

西尾
やっぱりコイルの方が楽しかったんでしょうよw

ここでシークレットゲスト登場
橋本敬史さん
夏休み映画では、ポニョやNARUTOも。
あと、今はエヴァ、BREACHも

小黒:
エフェクトのところに名前が入ってるけど?

石井(?)
最初は、原画の中に名前を入れていた
ただ、大変なエフェクト的なことはすべて橋本さんがやってくれた
これはCGのスタッフのところに特別に枠を用意しないとと
落ちていくプロペラとか、のこっている破片とか
すべて橋本さんが上から書き込んでいた

橋本
最初はタバコの煙。原画で書いていたのを押井さんが好きじゃない、と

西尾
それオレのシーンじゃねえかw

橋本
たばこの煙を全般にやってくれと、そこから。
自分はCGと相性のいい作画ができるので
Freedomでもやったし。
そこで目つけていただいて。

石井
押井さんも最初はエフェクトもすべてCGでやるつもりだった
FreedomのDVDを見てもらって
やっぱり作画の方がいいね、ということになって
炎、爆発、も最初作画でということになっていたけど
カメラが移動するところで書くのは大変。
最初は自分で書くよ、と言っていたのだけど。
結局、最後のひと盛に書き込むことに。
ハリウッドの人たちは、3Dに慣れているので、
違う動きのものが入っていてこれはどうやったんだと不思議に思っていたと言っていた

橋本
すべてフルに書いていた。
6秒とかを24コマだから、80枚とか100枚とか
家のパソコンでモーションをコマ送りして、
カメラが揺れたのを込みで映像がやってきたので、
それを軌道をずらして破片が飛ぶのを書いていた
エフェクトは自分のタイミングで書けるので好き
スカイでは1カット3〜4時間で、

西尾
それ速いですよ。

橋本
特殊な仕事だと思っているし。
業界で
伊藤さんとか本田さんとか数名しかできないし
そこで自分の味が出せる仕事だと思っているし
最近だとスチームボーイ
犬夜叉とかハウルとか城が壊れているシーンはいろいろと

小黒:
スカイは?

橋本:
いや、わかりやすくてw
自分はイノセンスがすきなタイプな人間なので
意外とわかりやすいアプローチをしたなと
井上さんと帰り際によかったね、西尾くんがんばったね、と

西尾
井上さん、初号後の飲み会にこないんだよね。
次の仕事があるから。あれはツンデレだよね

小黒
自分が知っているの井上さんはデレデレだよ

西尾:
あれは磯さんに対してだけでしょうw

石井
橋本さんには破片をもっと増やすのをやってもらいたいと思っていはいた
増やしたかったのだけどどうすればいいかわからなかったり
押井さんの信頼は絶大。ぜひ次もやってほしいと

小黒:
心残りは?

川口
一番初めに、地上はCGを使わないというコンセプトだった
カメラワークがCGになって、
オルゴールを置くとなったらCGに。
ドライブインのビンをCGに
結局、全カットの半分CGになった。
はじめからわかっていったら段取り組めたのに
それが心残り

小黒:
アニメータの仕事ぶりについては?

川口
西尾さんの魔人ぶりが。
最後2ヶ月ぐらいずっと泊り込みで

小黒
一番困らされたのは?

川口
なかなかいえないw
でも製作陣ががんばってくれましたよ。
ビジネスライクにやっているのだと、引き上げたり海外まきになったり
したけど最後までねばってやってくれた

第3部: Q&A

Q. バセットは今回どう?
黄瀬:
今回かかわっていない
またバセットかよ、と言いたい
バセット以外だったらやるといったのに、まわしてきた

石井
押井さん的には、息抜きにやるよ、と

Q. NARUTOで西尾さんは、本田さんが一番でくやしいというのがあったけど
今回は?
西尾:
今回は立場は違うし
今回俺は鈴木桂治だと思った
そういえば、前のNARUTOアテネのときだった
一等賞ととったつもりはないのだけど
じゃEVAで一等賞取って下さい
ゲンドウ書きたいといっているのに回ってこない

本田さんは? 綾波とか描いてくださいよ
今回は、エヴァと使徒描いてます

Q. 今後押井さんの作品に関わる予定は?
黄瀬:
個人的にはやる気ないですね
会社に言われてもやりません
それが押井さんの最後の映画ならやります

Q, 川口さんに。押井さんのラインをやる経緯、苦労は?
川口:
経緯は、社員だしイノセンスやってたし

石井
IGにすごいやついるらしい、というのは聞いていた
絶対川口さんにしてくれ、と社長に言った

Q. 製作が難航したイノセンスにくらべてスムーズだったように見える
アニメータ不足なのにどうやったの?
川口
西尾さんのがんばり

西尾
いろんなベテランがやってくれたので
押井さんがはやくおわらせたい、という監督なんで助かる
山をつくっちゃいけない、とよく押井さんが言っている
結果、たんたんと終わっちゃう。
あとでちょっとさびしいけど。

ぶっちゃけて言うと、押井さんハードル高いといわれるけど
意外と押井作品人気ないんですよアニメータにw
西尾さんだと参加したいけど押井さんだとちょっと、という声が多かった
攻殻やった人でも、攻殻でこりた、という人も
あの人とはアニメータを信用していないとまで言っていたり

Q. うつのみやのパートは?
西尾:
かわいそうなんかじゃない! というところ

Q. 片手でマッチをする優一の演技はやってみたりした?
西尾:
ロケハンで練習しました

Q. 思い入れのあるシーンは?
西尾:
とくにない
誰がどこ、とくに作画の見せ場のない映画なんで
そういう意味でも星のない作品だったなと

Q. ティーチャのデザインは存在した?
西尾:
書くな、と押井さんが言っていた
パト1のときの帆場
元はキャラデザインがあった、それがムック本で出てしまって
押井さん的にすごい残念だったらしい。
今回は冗談でも描くなと言われた

Q. 土岐野のデザインは谷原さんそっくり。CVを頭に入れたデザイン?
西尾:
関係ない。CVはキャラデザのずっと後に

Q. ドライブインのダニエル、ロケハンした?
西尾:
した

Q. ダニエルで前に座っている老人は誰?
さあ?

Q. (小黒さんに)ブログで役者さん(水素役の菊池さん、ササクラ役の榊原さん)の芝居が面白かった、と書いていたが
どう面白かったのか?
小黒:
芝居が不安定なところが面白かった
菊池さんは、俳優だからか、シーンごとに演技が違っていた。
声優だと、水素のキャラを自分の中で決めて、そこからの振り幅で演技する
石井:
菊池さんの収録は、日もくぎって意識的にやっていた
榊原さんは、演技としてお母さん的だったり仕事的と演じ分けていた。
菊池さんのは5日取ってやった
一方で、優一は作品内で変化のないキャラ。
声を演った加瀬さんは感情によって演技を変えたがっていた
でも変えないようにとお願いした
最後の最後までおさえる。という演出で
水素については、優一のほうで年齢がよくわからないキャラクタ
表現できない水素が表現できているのが面白いと思った

Q. 本田さんの娘さんが描いた絵が本編で2カット使われているそうですが
本田
探してください

Q. 水素が歩くフォーム、足だけだけで歩いているように見えた。演出?
西尾:
原画、修正も大変で。もしかしたら、意図したものではないのかもしれない。
石井:
彼女はコンパスのように歩くんだ、と押井さんが言っていた

Q.まとわりつく犬は誰が担当したのですか
西尾:
青山さん

Q. 映画の内容が暗いとモチベーションが下がったりしない?
西尾:
あまり関係ない

Q. 神様がセルがの時代に戻してあげるとうと戻す?
西尾:
戻らない。
今の方が楽
セルが重ねる枚数があるのでどう重ねるか考えないといけない
下タップというのがある
アナログ時代は撮影代の都合でタップという文鎮みたいなのを
上において、
下におかないといけないときがあって、慣れてないと大変
描きたくないものはCGにできるし

石井:
ライン的には?
川口
傷がつかなくなったし
セルがなくなった分軽くなった。

本田(?):
日本のアニメはアナログを踏襲している形でデジタル化している
のであまり困ることはない

Q. 氷川さんと押井さんの対談で、アニメ界全体の作画の低下について語って
いたがどう思う?

西尾:
過去形で話しているのがすごく気に入らない
いろいろ育てるための試みを行ったが、出てこなかった、と。
今でも若いアニメータを育てているし。
押井さんが知らないだけ
押井さんが使いたい人がいないのかもしれないけど
10年前よりいっぱいいるよね

本田(?)
見るのは見るけど作品として関わるのは大変だろうな、と
引いちゃう人は多いだろうね
30才になって怒られたくない
プロフェッショナル仕事の流儀の宮崎さんの回で、宮崎さんに怒られて
いた人がいたけど、あれはフルヤさんといううまい人で
宮崎さんにあれだけおこられるのはむしろ勲章。出来るはずなのにやらないから
怒っているわけで。
でも、それをテレビでとられたくない

小黒:
押井さんと最初に仕事したとき怒られた?

西尾:
押井さんは起こらない人

黄瀬:
いや俺は怒られる
激怒している
アニメータとして信頼していない、とまで言われた
これ以上やったら人間としても信頼しない
別にかまいませんよ
目の前から消えてくれと

西尾
でも作監としてのきせには期待している、と常々言っている

黄瀬:
もうしたくない

小黒:
押井さんだときっと、これで最後だから、と演技するよ

黄瀬:
そんな演技なんてできない

Q. 犬の話
石井:
ガブが亡くなって1週間喪にふくしていた
その後、インフルエンザでそのあと2週間休んでいたのだけど
最後スタッフロールで、ガブのことについて一言入れるか、と聞いたところ
30秒ぐらい考えてやめとく、と言っていた
一応ふっきれたのだろう

?:
犬好きはポーズだろ、とおいう声が現場にあったw

黄瀬:
若返ったという幻想が
結局57は57。さびしい顔はさびしい顔

Q. たばこをみんな吸っている。空港で吸っていたけど?
西尾:
あれは軍で。
格納庫でたばこ吸うのはダメなんだけど、あえてほしい絵があるからやる
というのは押井作品でよくある

Q. 原画をやっている人はタバコをすう?
西尾:
結構多かった
イノセンスのとき、検屍官がヘビースモーカーで担当していたのが
タバコを吸わない人だった。
原画的には問題ないのだけど何かが違う
押井さんがなってないと

石井:
タバコの銘柄はみんなちがう
特に水素の銘柄には押井さんのメッセージがこめられている
ぜひ劇場で確認してくださいw

Q. パースがついているシーンが多い。例えば作戦会議のときのパン。
どうやって撮影したのか
西尾:
1枚しか書いていない。擬似CG。パーツにわけてやっていた

小黒さんから黄瀬さんに質問:さわやかな色気のない人は?
描けませんw
描いているとき自然と指先からエロスが

西尾:
今回は男女の細かい機微も書くよ、と押井さんが言っていて
途方にくれていた
みんな黄瀬さんにまわったよね

小黒:
本田さんは?

本田:
関係はあるよね
でも自分で書いててよくわからない

黄瀬
確かに自分ではわからない
まわりからやらしすぎると言われるのだけど

小黒:
エヴァだと誰描きたい?

黄瀬
リツコとかいいですよね
ゲンドウは描きたいとずっと言っているのだけど

あと、どんだけ制作をやめさせているとか、カオスのまま終了。
最後、サイン入りポスタープレゼントのため大じゃんけん大会を行いました