読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おおきく振りかぶって Vol.10

おおきく振りかぶって(10) (アフタヌーンKC)
敵の、しかもコールド負けくらうようなキャラたちがこんな晴れやかに単行本の表紙をかざるスポーツマンガってそうないだろw 
しかし、伏線張り方すごすぎるなぁ。阿部の性格の悪さをこれだけ書いて、最後の1コマで引くところとか。しかしなんと言っても今巻のハイライトは、最後の勝負の場面の前の「…チャンスだと思え!」だな。花井の気づきに持っていくところまででも上手いんだけど、この台詞でモチーフをもう1ランク持ち上げることが出来ている。チームとしてまとまる、という点と、相手とぎりぎりのところで勝負する意味という点に。同時に、作品の中心にいるのがやはり三橋ということで、作品のスコープというか基本的なポジションにうまく戻している。コールド勝ちの試合にこれだけドラマをつぎこむ語り口の巧さだけでなく、モチーフの昇華仕方といいキャラクタへの視点配分といい、崎玉戦は神だったな。